生理痛・月経困難症

  • 生理痛がひどくて、薬を飲んでも起き上がれない
  • 生理が来る前から、体が重ダルく動きたくない
  • 毎月の生理痛薬の消費量が多いため、自分の体が心配
  • 生理痛で毎月1日・2日は仕事を休むが、同僚に理解されない
  • 今まで様々な生理痛緩和法を試したけども、改善しない
  • 1か月のうち2週間も生理痛関係で不調だと辛い
  • せめて薬を飲めば立ち上がって動けるくらいにはなりたい
  • 理想では、生理時の痛みを大きく減らしたい
  • seiritsu_img01

生理痛はなかなか理解されにくく、男性だけなく同じ女性ですら、理解してくれないこともあるので、体だけでなく心も辛いことでしょう。

大丈夫、そうした重い生理痛でこれまでずっとずっとでお悩みのあなた、はらべ鍼灸整体院におまかせください。

当院には、重い生理痛から解放されていった方が、たくさんいらっしゃいます。

なぜあなたこれまで多くの生理痛緩和法を試したのに痛みが軽減しなかったのか、今も薬に頼らざるをえないのか。どうすれば生理痛を緩和させことが出来るのか。そのための情報が、ここにあります。

今、このページを読むことが、あなたが元気になるための第一歩になるはずです。

あなたの生理痛の原因

プロスタグランジンを如何におさえるかが、生理痛緩和のカギ

生理時になぜあんなに痛みが起こってしまうのか、それには「プロスタグランジン」という分泌物のせいです。

プロスタグランジンは、はがれ落ちた子宮内膜と血液とともに「経血」として体の外に押し出す働きをします。

プロスタグランジンの分泌がバランスとれていれば、生理時の痛みは軽いもので済んだり、痛みがほとんどないのですが、過剰に分泌されると過剰に子宮の収縮させてしまい、あのキリキリとした痛みが出てしまいます。

つまりあなたの生理痛を緩和するためには、このプロスタグランジンを如何にバランスよく分泌できる状態にするかが、重要になってくるのです。

※プロスタグランジンは痛みを強めるなどの作用があるので、生理時に頭痛がひどくなることもあるのです。厄介な分泌物なんですね。

プロスタグランジンをどうやって抑えるか?

冷え・骨盤のゆがみ・自律神経の乱れが、生理痛の天敵

なぜ、あなたの身体にプロスタグランジンが多く分泌されてしまうのか、それはあなたの身体に冷え・骨盤のゆがみ・自律神経の乱れがあるからです。

冷えや骨盤のゆがみがあると、子宮内の血流が悪くなります。

血流が悪いということは、経血を押し出しにくい状態です。なので経経血を押し出そうとプロスタグランジンが多く分泌されてしまいます。

また自律神経が乱れて交感神経が過剰に働き、副交感神経の働きが低下していると、冷えや骨盤のゆがみがある時と同じように、血流を滞らせてしまい、プロスタグランジンが多く分泌してしまいます。

冷え×骨盤のゆがみ×自律神経の乱れという、プロスタグランジンを多く分泌させる要因が3つ同時に起こってしまっているので、あなたはあんなにひどい生理痛で悩まされてしまうのです。

はらべ鍼灸整体院は、冷え×骨盤のゆがみ×自律神経の乱れを同時に解消していくことで、あなたを今度こそ、あのツラい生理痛からの解放を追及するのです。

はらべ鍼灸整体院で行う、生理痛施術

当院では生理痛施術の場合、鍼灸と整体を組み合わせて次のような施術を行いあなたの改善を追及していきます。

丁寧な身体の検査

あなたの身体の状態がどのようにゆがんでいて、そしてなぜ自律神経が乱れているのかを検査を通して確認していきます。

自律神経を整える

自律神経が集中する首や背中・お腹などの鍼灸を行うことで、自律神経の乱れを整えていきます。

骨盤のゆがみを整える

ハラベ式整体で、歪んだ骨盤を適切に整えることで、子宮内の血流改善を図ります。

内蔵のゆがみを整える

内蔵に負荷がかかりゆがみがあると、血流が滞り冷え症になりやすいです。

また内臓も自律神経を密接に関わっているため、ゆがみがあると自律神経を乱します。

内蔵を整えることで、自律神経の乱れと冷えの改善を図ります。

だからはらべ鍼灸整体院で、今度こそ生理痛から解放される!

ピルのメリット・デメリット

生理痛・月経困難症は、ピルでかなり症状を軽減することは出来るので、婦人科ではお勧めする先生が多くなってきます。

確かにピルは有用である一方、副作用もあります。

  • 感情の起伏がなくなり、楽しさを感じることがなくなった
  • 笑顔がなくなり、いつも能面のようになった
  • ドンドン太りやすくなった

などなどです。

なのでピルが合わないで悩んでいる方にこそ、はらべ鍼灸整体院があると思います。

ピルが合わないなら、体質から改善して生理痛から解放されましょう!

生理痛改善、何回通えば良いのか?

生理痛改善に関しては、複数の要因がありそれが組み合わさっているので、少し時間がかかる場合が多いことをご理解ください。

当院では、3ヶ月を1クールとして施術経過をお話しています。

通院期間や間隔は、年齢や性別、初回来院時の状態などによって大きく変わりますので、画一的なことは申し上げられませんが、生理痛の方の約8割は以下のような通院をしていただいております。

体に変化が現れ、症状が軽減してくるまで
週に1~2回ほどの通院。これは1週間~5週間ぐらい
症状が落ち着いてきたら
月に2回~4回 ここは個人差が大きく、1か月~半年ぐらい
症状もほとんど改善し、再発を防ぐために
1~2か月に1回のメンテナンス
  • 来るたびによくなっていく
  • 一進一退を繰り返しながらよくなっていく
  • 最初は変化がなくあるときを境にしてよくなっていく
  • 途中で変化のない停滞期があってその後再びよくなっていく

4つと言いましたが、実際のところ、1番のような、来院するたびに症状が改善していくことは、とても稀です。 残念ながらまずないといってもいいかもしれません。

ほとんどの方が2・3・4番のように、一定ではなく波を描くように改善していきます。来院前に是非、ご理解ください。

当院の施術は一方的なものではなく、あなたと共に改善を目指すことをつねに意識して取り組んでいます。なぜならそうしないと最大効果を得られないからです。

少し時間がかかるかもしれません。途中、あきらめたくなるかもしれません。

それでも私は最後まであきらめずに施術いたします。

一緒に頑張って生理痛を改善させていきましょう。

生理痛におススメの施術

はらべ式オーダーメイド施術コース

  • 骨格の矯正
  • 内臓の調整
  • 筋肉の調整
  • 頭蓋骨の調整

profile_img01
のために、カイロプラクティック鍼灸、関節マニュプレーション、AKA(関節包内矯正)、動体療法、操作法、磯谷式股関節矯正、ストレッチ療法、マッサージ、自律心体療法などを組み合わせて、あなたに最適な施術を行っていきます。

冷え・骨盤のゆがみ・自律神経の乱れに同時にアプローチしていきます。

当院に来る生理痛で悩んでいた患者様から、こんな言葉を聞いたことがあります。

「1か月のうち半分も、体が痛くて気持ちが落ち込むのって、本当にツラいんですよね・・・」

「同じ女性にも理解してもらえない辛さを、なんで私が我慢しないといけないのでしょうか」

すごく重い言葉でした。どれだけ生理痛で苦しんでいる女性がいることか・・・

私はそんな女性が、せめてもっと痛みが緩和して、普通に生活できるようになっていただきたいと思っています。

生理痛改善まで少し時間がかかります。しかしきちんと施術を続けられた方は、ドンドンと生理痛の悩みから解放されて、生理時でも普通に生活できるまでに戻っていかれます。

病院で改善しなくても、漢方を飲んでも治らなくても、色々な施術を飲んで改善しなくても大丈夫。まずは今すぐ当院にお電話ください。

それが、あなたが元気になるための第一歩になるんですから。

当院お薦めの施術はこちら
はらべ鍼灸整体院072-846-7577

受付時間平日 午前8:30〜午前12:00 / 午後3:00〜午後7:00 /
土曜 午前8:30〜午後2:00休診日日曜日・祝日